ときわオリジナル衣裳 -色打掛-

ときわ初のオリジナル制作、色打掛が出来上がりました。
ご縁があって“ときわオリジナル和装”を制作することとなりプロジェクトチームと衣裳部が中心になり、世界にひとつのオリジナル柄を完成させました。
一から制作に携わり、こだわり抜いた「柄」「色合い」ぜひ間近でご覧ください。

花嫁の声からはじまったSTORY

ー想いー
花嫁に一番近い私たち。お客様に寄り添い、様々な声を聞くことも多い現状。
お客様にいいものを届けたい。だけど思っている商品に出会えない。
「こんな商品があればいいのに」と思う日々。
また弊社代表も「モノづくりの伝統も日本の文化も守りたい、それをときわができれば。」という想いがありました。
そんな時、私たちに力を貸してくれる職人さんに出会いました。

ーはじまりー
ときわと古くからお付き合いがあった「式服」の生みの親である織物職人の蒲田さん。
今では数少ない伝統工芸・丹後ちりめんや西陣織物をつくれる職人さんです。
日本人の着物離れや後継者不在として少なくなっている職人ですが、日本無形文化財を後世に残したい強い想いからずっと後継者を探していた蒲田さん。
引退するにあたり後継者として指名した職人が、“石田織物”の石田さんでした。
石田さんは京都老舗の“川島織物”さんで長年勤め、その技術を受け継いでいる職人さん、織物に対する熱い想いや技術の丁寧さが、蒲田さんの目にとまったそうです。
その情熱ある石田さんと引き合わせていただきました。

最高の技術をもつ〈石田織物〉×花嫁に最も近い〈ときわ〉
同じ想いをもつ2社がタッグを組み、蒲田さん指導のもと伝統を受け継いでいく。
“無くしてはいけない大事なもの”を引継ぎたい、その想いからこのプロジェクトが始まりました。

デザイン

〈構想〉
たくさんの和書やSNSなど、アンティークなものから現代に至るまでの様々なものを見ることで発想を柔軟にし、全く違う世界も視野に入れながら構想を膨らませていきました。

〈柄・色〉
たくさんの意見が出るなかで、今まで仕入れてきた衣裳と違うものそしてときわの品格を大切にでき、伝統と新たなパッションが融合できる柄・配色を考えました。

伝統的な「鶴」飛翔の柄に決定。
白無垢では見ることが多い鶴ですが、色打掛では珍しい柄となります。
大正時代と昭和中期を融合させた模様と品のあるベージュをベースにした配色に。

〈織〉
格式ある上質な「唐織」を。
アンティークさや独特な立体的表現と重厚感がある色打掛は花嫁をより華やかにしてくれます。

工程 -出来上がるまで-

ときわデザインを元に出来上がった紋紙。

紋紙とは・・・
織機で図柄を織るために用いられる型紙のこと。
現在手書きで書ける職人がいないため、四絆株式会社とコラボしたことによりパソコンで作成してもらうことができた。


石田織物×四絆株式会社×ブライダルコアときわ

縦糸と緯糸をどの色にするか、何百とある色種類の中から各パーツごとにひとつずつ決めていく作業にときわも参加。
何度もやり直し、一番時間を要した配色決め。

糸の色と織った時の色に違いがあるため試し織りで色合いと質感を実際にチェック。
思った色がない時は一から染めてもらい最後までこだわった。

紋紙を元に衣裳を織る職人の石田さん。間違いのない技術と仕上げの丁寧さは、まさに芸術。
お客様は見ることができない裏地まで、ため息がでるほど丁寧で完璧。

完成商品

日本古来の伝統に、しっとりとした和の華やぎを感じさせ、なお小物によってモダンな印象にもさらにこだわった色打掛。
定番の赤ふきをつけず、繭色のふきにもご注目ください。

私たちの手掛ける商品は、見えないところまでこだわり、丁寧に仕上げ、着物を羽織る人を優しく包み込み、安心感や気品ある商品に仕上げるように卓抜しています。
裏地の糸処理まで細部にこだわる、その糸一本が着心地やシルエットに現れます。
とことんこだわった色打掛を花嫁様に着てほしい、人生の節目をお手伝いしたいという思いです。

私たちのモノづくりは様々な人に支えられカタチにすることができました。
ときわのオリジナルデザインが、いくつもの工程を職人の方の技術で仕上げ、想いをのせて新郎新婦様のもとへ届けられます。

たくさんの方に愛される衣裳になることを願って。

お知らせ, ニュース, 和装, 色打掛